Case

屋根・防水

屋根・防水工事 【大阪市O様邸】

屋根・防水工事 【大阪市O様邸】

 

O様邸(大阪府 大阪市) 屋根・防水工事

一戸建て(2階建て、築40年)

 

もともと建て替えを考えられていた時に、台風による雨漏りが発生。
棟板金がはがれたため、屋根の棟板金の交換とカバー工法のご依頼を受けました。

 

 

【Before】

 

   

棟板金がはがれ、野地板が丸見えに。強風で棟板金がはがれるのは、野地板が劣化し緩くなったことが原因だと考えられます。
一つ飛べば、他の棟板金も飛んでいってしまう可能性がありますので、こういった場合にはすべての交換工事を行っておきましょう。

 

かなり腐敗が進んでいることが分かりますね。

 

ブルーシートで応急処置を行います。

 

野地板をキレイにして、

 

ルーフィングを新しくする。

   

【After】


 

既存のコロニアル屋根に、ガルバリウム鋼板を重ね葺き。

コロニアル屋根はあまり長持ちしない屋根ですが、メンテナンス時に葺き替えではなくカバー工法を行うことができる屋根材です。
カバー工法は、工期短縮と施工費削減になるためおススメです。
屋根材が二重になるため、耐震に注意する必要があり、軽めの金属屋根、主にガルバリウム鋼板でカバーすることが多いです。
ルーフィング(防水材)も新しくなり屋根の強度があがりました。

野地板(屋根の下地)が傷んでいたので、葺き替えをするのに丁度いいタイミングでした。

 

【Before】

 

 

【After】

 

しっかり雨水を流す軒樋と集水器

 

雨樋は、落ち葉やホコリのつまり、突風や積雪、豪雨によって破損し、雨漏りの原因になることがあります。
また、雨漏り箇所からカビが生えシロアリ被害につながることも考えられます。
もし、雨樋から水漏れがあったり、雨漏りが確認された場合には早めにご連絡ください。

自然災害はいつ起こるかわかりません。
晴れている今日と同じ空とは思えない大雨が突然降り、お家の大切な部分を破損させてしまうこともあります。
大雨が去った後は、お家の状態を確認して、何かあれば、すぐに相談してくださいね。